多言語広場 おとなのピアザ 韓国交流報告と体験のシェア会に参加しました

セルラスの多言語活動を始めて約1年半が経った私の日々の感想を綴ってみたいと思います。
学生時代も英語にも他の言語にも全然興味のなかった私が、何を思ったか!?多言語活動に挑戦中です。
ホームスティの受け入れや留学生との交流、人生で初めてのことだらけの1年半を過ごしています。

多言語習得を通して人材を育成する活動。
子どもたちにとっても、私にとっても世界を広げてくれるきっかけになっています。

第一弾は先日開催されたスーパーピアザ(SP)の感想です。

毎週の活動”ピアザ”も親子で大切な活動の場ですが、大人だけのスーパーピアザも魅力のセルラス活動です。
今回のSPは、韓国交流の報告と日々の活動のディスカッションタイム。
毎回、いろんな内容で行われています。

「スーパーピアザ」はセルラスのコーディネーターの方が中心で参加、開催されてますが、メンバーも参加できます。

SPでは、夏休みに子どもたち10数名と韓国にホームスティ交流に行ったコーディネーターの方の韓国交流報告をお聞きしました。

韓国語でのプレゼンでした。5分間くらい。
とっても楽しいプレゼンで素敵な経験をシェア頂き、お話を聞かせて頂きました。

 

韓国交流に参加した子どもたちの発表シェアも感動で涙モノなのですが、
コーディネーターさんの経験もこんな風にお聞きする機会があって当によかったです。

私は、韓国語もまだまだ全然??な状態なので全体の2割も分からない状態ですが・・・。

ジェスチャーやその後の解説で何となくお話の内容は分かりました。

 

セルラスに入会した頃のことを思うとどれが何語かもわからなかったので、この1年半は見るもの聞くこと始めてのことばかりで、少し成長ができました。

一緒に活動している先輩方を見ていると長くコツコツ続けていくとこんな素敵な人になれるんだなぁと憧れいっぱいの日々です。

他には、グループに分かれて日頃のピアザでの活動をみんなでディスカッションして、発表しました。

シャドーイングやロールプレイ、ワンマンロールプレイをこんな感じでやってみよう♪をまとめたのが下の写真です。

何事も継続が大事・・・その一つの工夫として教えてもらったスマホのアラームでCDの音声が自動で再生する設定をしました。

目覚まし時計にすると、ビックリして止めてしまう(笑)

あー、何事も継続が大事・・・。

日々、素敵なメンバーのみなさんと楽しく活動中です♪

Follow me!